1級に向けてびわ湖バレイでスキースクール、カービングの動きを習いました

本題

お値段

1級に向けての練習に励んでいます。

この日は、びわ湖バレイのスキースクールを受講しました。

レベル別に受講できるのですが、1回90分5,000円です。

ほとんどプライベートレッスンの形で正指導員の方からレッスンを受けることができました。

改善点の指摘

私個人の滑りに対する指摘ですが、何か参考になれば。

手の位置をもっと幅広く広げて良い。

ストックはほぼ付かなくてもいい。

その理由として、今の技術戦の選手はほとんど競技スキー出身者でSLなどでストックは付かないため。

プルークにて切り替えの動きの時、上に伸びあがってしまうと後傾になってしまうので、膝の角度と同じ方向へ(前へ)起き上がるイメージで切り替えを行う。

練習方法

プルークボーゲン

2級の練習と変わらず、プルークボーゲンをまず練習しました。

1級を目指す段階でも、基本はプルークボーゲンです。

プルークボーゲンで確認できるのは、ポジションで、正しいポジションはどこでも大事になります。

プルークボーゲンの状態で、テールで制動の動きを片方ずつ行ってターンを行う。

角付けの練習

いよいよカービングの練習になります。

股関節と膝の動きでのレールターン。

スタンスを広げて、片足ずつカービング姿勢での角付けの練習。

この時もポジションに注意して、板の真ん中にいる状態で内倒などをしないように気を付ける。

お尻が落ちない状態で、重心を横に移すことで反対の足を伸ばし、重心を下げた状態で角付けを強める練習、これをすることによって楽に滑ることができるとのこと。

外旋と内旋

まず、旋回とは股間節を回すことになります。

外旋とは、外足を内側に捻りこむことで、内旋とはパラレルの際の内側の足を捻りこむことになります。

外旋と内旋を使うことで、よりスムーズにターン弧を作ることができます。

この練習は、主に小回りで滑る時に活用できそうです。

まとめ

1級でも2級でも、プルークボーゲンのスタンスは常に出てきます。

2級からずっとポジションの練習をしていることになります。

そこに、角付けや股関節の回旋運動を加えることでターン弧を自在に作っていくことを目指すのが基礎スキーだと思います。

プルークボーゲンの感覚でパラレルターンをすることを目指すように指導を受けました。

 

息子&娘(6歳4ヶ月&2歳4ヶ月)の成長日記

娘がおむつを1人で履けるようになりました。

また、靴も自分で脱いで保育園の下駄箱に入れることもできます。

ただ、気分屋なところがかなりあるので、気分が乗らない時はパパやってーと言って甘えます。

シェアしてね!

みつばち会計事務所のサービスメニュー

令和5年度 確定申告のご依頼はこちら

税務調査対応(個人事業限定)はこちら

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

すぽっと相談(オンライン)こちら

みつばち会計事務所の税務顧問

みつばち会計事務所の税務顧問サービスでは、弊社の顧問弁護士(弁護士法人みらい総合法律事務所)に対して文章による法律相談を無料で行なっていただくことが可能です。

税理士の顧問サービスをご検討の方はこちらよりご連絡ください。