【不動産投資】空き家を買ってリフォームして儲けるという本

本題

書籍の紹介

今日は、こちらの本のレビューをしたいと思います。

ものすごく直接的なタイトルの本で、この著者の自信と経験が垣間見える1冊になっています。

まず、著者の話をすると、資産家を中心に不動産投資コンサルを長年手がけられてきた方で、冒頭のプロフィールには、お手伝いした総資産の合計が300億円に登るそうです。

その中でも、手の出しやすい価格帯の築年数の経った物件をリフォームして客付けを行う手法を中心に書かれています。

例えば、著書の冒頭の不動産投資の事例紹介では、東大阪市で購入金額130万円、リフォーム費用が180万円、家賃相場が4万5千円利回り17.4%の物件について紹介されています。

購入金額がべらぼうに安くリフォーム費用の方が高いという希少な物件かと思いますが、こちらの物件は再建築不可の物件であるため、これだけ安く購入できたのでしょう。

そして、リフォームすることで、ある程度住みたい空間にしたことで、驚異的な利回りを実現しています。

冒頭にはカラー写真付きで、他3つの物件が紹介されていましたが、利回りが14%から15%ということで、7年ほどで回収できる計算となるので、投資率としてはとても優秀といえます。

ただ、こちらの本が出版されたのが、2015/9/2ということで、8年ほど経過していますので、建築費の高騰なのでリフォーム代が高騰することは予想されますが、空き家は探せば出てくるので、投資額を抑えれるのであれば、やってみる価値は十分あるのではないでしょうか。

再建築不可とは(AIの回答)

「再建築不可」とは、建造物が大規模な修繕や改築が困難な状態になっており、再建築ができない状態を指す言葉です。建物が老朽化や劣化、構造上の問題などで、修復や改修が経済的に困難な場合に使われることがあります。この場合、建物は解体され、新たな建物が建てられることが一般的です。また、都市計画の規制や法律上の制約などにより、再建築が制約される場合も「再建築不可」と表現されることがあります

と回答がありましたが、有名なのは面している道路の幅が4mないと再建築不可となることが多いようです。

これらは、購入するときに不動産屋さんに確認できます。

再建築不可の物件は、その名の通り、立て直しすることができないので、販売価格は安くなります。

 

息子&娘(6歳0ヶ月&2歳0ヶ月)の成長日記

最近、息子はメントスにハマっています。

しかし、昨日、おじさんが桃を持ってきて、それを食べるとメントスより美味しいと言っていました。

自然の恵みが人工のお菓子に勝ってよかったです。

シェアしてね!

みつばち会計事務所のサービスメニュー

令和5年度 確定申告のご依頼はこちら

税務調査対応(個人事業限定)はこちら

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

すぽっと相談(オンライン)こちら

みつばち会計事務所の税務顧問

みつばち会計事務所の税務顧問サービスでは、弊社の顧問弁護士(弁護士法人みらい総合法律事務所)に対して文章による法律相談を無料で行なっていただくことが可能です。

税理士の顧問サービスをご検討の方はこちらよりご連絡ください。