W06(ポケットWi-Fi)5GHz(ギガヘルツ)の使用の際に表示されるDFSチェックとは

 

まいどおおきに!

 

税法大学院合格コンサルタントのTOMOYUKIです。

 

ポケットWi-Fiの使用を初めて1週間ちょっと経過しました。

 

ポケットWi-Fiの契約を決めた経緯は過去のブログで書きましたが、実際に使用してみるといろいろ分かってきました。

マンションの自宅兼事務所のWi-Fi環境をポケットWi-Fiで劇的に改善した方法

2019.09.12

ポケットWi-Fiの導入によってマンションの一部屋でも5ギガヘルツの電波を使用できます。

 

5ギガヘルツとは電波の周波数になります。

 

一般的にこの数値が多ければ多いほど新しい規格になり、通信速度も早くなります。

 

5ギガヘルツは特に動画の閲覧など短時間にデータを大量に使用するコンテンツの使用に向いています。

 

5ギガヘルツを使用して最も変化を感じたのは、youtubeLIVEの撮影になります。

 

私は超々弱小ながらyoutubeLIVEを毎週月曜日に配信しています。

 

昨日、奥さんから動画の酷評を受けたので見返すことにしました。

 

奥さんからの指摘は導入部分の無音の時間が長いとの指摘だったのですが、それ以上に気になったのが、2.4ギガヘルツで撮影していた動画は、途中で画像が途切れたり、音声が飛んでいたりしました。

 

ネットサーフィンなどの普段使いでは、2.4ギガヘルツでも気にならないのですが、いざ動画となるとどうしても通信速度で違いが出ます。

 

ビデオなど別録りで撮影すれば電波は関係ありませんが、youtubeLIVEなどネット環境に接続した状態で撮影を行う場合の電波は周波数が非常に大きな影響を与えます。

 

過去のブログにも書きましたが、5ギガヘルツについては電波法によって屋外での使用が制限されています。

人生初のポケットWi-Fiを利用開始して1週間、使用感レビューUQWiMAXギガ放題、W06

2019.09.15

 

そのため、ポケットWi-Fiの設定で2.4ギガヘルツから5ギガヘルツに切り替えようとすると屋内か屋外かの確認画面が表示されます。

 

ここで屋外を選択すると、DFSチェックに移行します。

 

屋内使用であれば、電波法に引っからないということでしょうかね。

 

 

ただ安心して下さい。

 

ポケットWi-Fiには、ちゃんと今の使用場所が電波法に違反していないか自動的に診断してくれます。

 

それが、DFSチェックというものです。

 

屋外を選択すると画面の上部にDFSという文字が点滅してチェックをする。

 

引用

Wi-Fi 5GHz 帯を利用して、屋外で本製品を使用する場合、周囲に電波干渉を起こす気象レーダーなどがないかを最低でも

1分間確認し、電波干渉を起こさないチャンネルを使ってネットワークに接続することが電波法により定められています。

この機能を「DFS機能」と呼びます。

 

https://www.au.com/support/faq/view.k1512931423/

 

私が使用しているW06のポケットWi-Fiでは1分このDFSチェックを行って問題がないと判断されれば5ギガヘルツに切り替えが行われます。

 

過去記事でも書きましたが、私が愛用しているchromebookは型が少し古いので(それでも2016年ごろに新品で購入したのですが、、)5ギガヘルツには対応していませんでした。

 

そこで、私は5ギガヘルツに対応している新型のchromebookを購入することにしました。

 

購入の詳細についてがまた記事でまとめたいと思いますが、以下の方法で購入をします。

お得に購入した手順

①Amazon内の買い取りサービス(リコマース)で現在使用しているchromebookのASUS製シルバーC100PA-FS0002を下取りに出す。

☆リコマースでは9/30まで買い取り額20%アップキャンペーンをやっています☆

 

②アマギフトでAmazonギフト券を92%〜94%で購入

☆実は、購入したAmazonギフト権でまさかのエラーになりました。アマギフトでは30分以内にエラー報告することで購入が保留できますので、現在その保留中になります。☆

 

③Amazonのchromeストアで新型のchromebookを購入

☆今使っているC100PA-FS0002の後継機であるC101PA-OP1/A シルバーですが、Amazonレビューの評価も高く到着が楽しみです。☆

 

最近ではWi-Fi6というまた新しい電波の規格が発表されているようです。

 

新型のiPhoneなどはこの新しい規格に対応しているそうです。

 

新しい規格は機能は向上していると思いますが、その規格を使用するにはWi-Fi6に対応している機器に変えないといけません。

 

そうなると、今回の私のように新しい電波をノートパソコンでは使えるけどchromebookでは使えないということが起こります。

 

電波を発信するポケットWi-Fi側では、5ギガヘルツと2.4ギガヘルツの電波を同時に出すことはできません。

 

今後、Wi-Fi6の電波の発信できるポケットWi-Fiも発売されると思いますが、そこまでの通信速度が必要かどうか考慮しながら使用するか決める必要はありそうです。

 

ただ、新しいものが出ると使ってみたくなるのが人の性ではありますが。。

 

息子(2歳)の成長日記

NHKで放送される美術館の絵画をみて『コワイ〜』と言います。

 

一日一新

八雲温泉

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

老舗の銭湯へ 露天があって設備も充実しているのでおすすめ! 駐車場も8台ぐらい停めれて370円は破格★

Mr.朝風呂さん(@tomoyukigumilove)がシェアした投稿 –

アマギフトでエラー報告

尼崎市富松町の開業税理士。

既婚で、2歳の男の子の父親です。

よろしくお願いします。

7名の方を税法大学院に導いたコンサルツールを販売中です。


コメダ珈琲1杯分のお値段で大学院入学を後押しする7つのツールをGETして頂けます。


 

☆研究計画書作成には必須☆