ついに完結!Macで確定申告をする方法(内部で動いているのはWindows)

本編

感動!Macの仮想マシンへのJDLのデータ移行作業手順

前回は、Macで確定申告をするために、macの仮想マシンにWindowsをインストールしてから、JDLのデータのお引っ越しをしていました。

これで、喜び勇んで、早速依頼を受けていた個人の確定申告を電子申告しようとしたのですが、エラーが出ました。

電子申告を行うには、マイナンバーカードなどの電子証明書をICカードリーダライタに読み込ませる必要があります。

大抵のICカードリーダライタの接続部分はUSBーA(よく見る太いやつ)なので、macのUSBーCに接続するためには、こんなハブが必要になります。

Macを買ったら宿命のように買わなければいけないものになります。

余談ですが、税理士業務では、結構USBーAと接続させて使う周辺機器がたくさんあるので、ハブはなくてはならない存在です。

Macの周辺機器については、別の記事でも詳しく書いています。

mac好き税理士が会計事務所業務を行うための周辺機器まとめ

さて、普通にちゃんとWindowsのパソコンで、ICカードリーダライタを使う場合、ドライバー(複合機などを使う場合にインストールするやつ)を入れる必要があります。

私が使っているACR1251CL-NTTComは、(てか、今検索したら、くそ高なってる。自分が買った時は、3,800円ぐらい、今は安くても7,800円ぐらいしている。品薄で高騰している。)ドライバーがWindows版と、Mac版があり、使っているパソコンに応じてどちらかをインストールする必要があります。

私は、仮想マシンと言ってもWindowsのシステムが動いているので、何の気なしにWindows版をインストールしました。

しかし、仮想マシン上で再起動などをしてもICカードリーダライタを認識しませんでした。

これは、ドライバーが入っていない時に起きる現象です。

途方もくれる中、NTTに質問したり、Twitterしたりしてみると、親切な方がURL付きで対処法を送ってくれました。

こちらを参考にして、ドライバーは仮想マシンであるWindows版ではなく、Mac版を入れてから、Macで認識させた上で、仮想マシンであるWindows側で使うのだと思いそれを試しました。

いただいたURLは、私の使っている仮想マシンとバージョンが違うのか同じような画面は出てこなかったのですが、画面の右上の方にたまたまACR1251CLの文字が出てきたので、それをクリックしたら、見事につながりました。

11月9日から初めて、今日が11月17日なので、約一週間掛かって、ようやく実現できました。

確定申告に向けて、Macの仮想マシンを使ってJDLを動かしたい(まだ動かしてはいませんw)

でも、こんな感じで書いていると、Mac自慢したいだけちゃうの?と思われそうですが、そういうのもないと言えば嘘になりますが、業務効率化をしたいというのが一番の目的になります。

正直、Windowsのパソコンについては、電子申告にしか使っていなかったので、3年ほど前に買ったパソコンで、バッテリーの持ちもものすごく悪く、今のMacのパソコンに比べるとかなり動作がもっさりしていました。

なので、Mac一台で申告書作成から電子申告まで完結できるというだけでも、かなり効率的に作業が可能になるわけです。

ちなみに、仮想マシンを載せても、私のMacが処理が遅くなったりというのはなく、今のところ快適に作業ができています。

昔、Adobeの動画編集ソフトPremier Proを入れていた時に比べたら、全然ましです。

あとは、確定申告の申告データの管理をどうしていくかだけですが、月一回クラウド上にデータを保管したりするのが現実的なのかなと思います。

これで、令和2年度の確定申告に向けての準備は整ったので、お仕事ください🙇‍♂️

 

 

編集後記

今日は、年1の確定申告のご依頼を頂いたお客さんに対して、案内を作成します。

 

息子(3歳2ヶ月)の成長日記

今日は、登園の時に年長の女の子達に囲まれて、可愛いと言われて、まんざらでもない感じでした。

いつもより、少し凛々しい感じでバイバイをしてくれました。

 

レッツゴージャイアンツ

試合なし

阪急塚口駅南に徒歩5分ほどのビルで開業中の税理士です。

既婚で、3歳の男の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
サービスメニュー

毎週土曜日開催 freeeで確定申告オンラインセミナーについては、こちら

個人事業主のための税務調査サービスはこちら

単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
法人設立サポート(オンライン)こちら
税務顧問はこちら

※受付開始 累計26人合格の大学院入試コンサルサービスはこちら

23名の方を税法大学院合格に導いたコンサルツールを販売中です。


コメダ珈琲1杯分のお値段で大学院入学を後押しする7つのツールをGETして頂けます。

 

 

☆研究計画書作成には必須☆
☆税法の基本書としておすすめ☆