iPhoneからmacへ動画のデータ転送でベストな方法(オンライン)

本編

 YouTube更新お休み中の丸山です。

12月2日(水)から再開する予定です。

それまでに撮影方法や配信内容について調べています。

なぜそんなことをするのかというと、動画の配信というのは重労働です。

特に1人で動画を作成する場合は、「1人テレビ局」と喩えられるほど大変な作業になります。

そのため、以下に効率的に動画を撮影して編集できるかが、YouTube継続できるかどうかの鍵になります。(10ヶ月間、週3日連続配信していたので、身に染みています。)

動画の素材が良いことはもちろんですが、動画を編集するためパソコンに移動させる際の方法も重要です。

これがうまくいかないと、長時間待つ必要があるため、動画配信に支障をきたします。

iPhoneからmacへの動画のデータ転送には、いくつかの種類があります。

同じApple製品だけあって連携はスムーズです。

私は、いろいろ試した結果、AirDropの利用がベストと判断しました。

AirDropというのは、Apple製品独自のシステムで、動画や画像を移動させるためのものです。

詳しい設定方法は、こちらのサイトが分かりやすいので、ぜひ参照してください。

https://www.ipodwave.com/iphone/howto/airdrop_photo_mac.html

USBケーブルを使用して有線の転送も考えたのですが、何が原因か分かりませんでしたがうまく行きませんでした。(たぶん、iTunesを開かないといけないと思いますが、原因追求まではできませんでした。)

あと、iCloudでの同期の方法も考えられますが、画像の同期でも時間が掛かるので、動画だとかなりの時間が掛かりそうで、怖くて試していません。

それに、iCloudは無料では5GBしかなく、月130円で追加の容量を買うことはできますが、データの移動のためだけに毎月課金するのはどうかなと思います。

私は今まで、パソコンのインカメラで撮影をしていましたが、カメラの精度的には、パソコンよりもスマホの方が高性能なので、今後はスマホで撮影しようと思います。

また、スマホだと、外での撮影も向いているため、Vlogの撮影などにも向いています。

動画のサイズが重いため、効率面でパソコンのインカメラを使用していましたが、AirDropを使用することで、動画の移動をストレスなく行うことができそうです。

iPhoneを使った撮影方法は、YouTubeでも紹介されています。

個人的には、こちらの動画が初心者向けで分かりやすいと思います。

 

 

編集後記

今日は、税理士業務はオフになりますが、税務調査の結果報告が税務署からあるとのことで、その対応だけする予定です。

 

息子(3歳2ヶ月)の成長日記

最近は、保育園に連れて行く時に、自分で荷台に登ろうとします。

自分でできると言いながら、結局、ちょっと手伝ってというところが可愛いですね。

 

レッツゴージャイアンツ

11月27日VS横浜 負け

昨日は、新人王の期待が掛かる戸郷が先発ですが、初回からピリっとしません。

ランナーを貯める嫌な展開でした。

そして、迎えた5回、ロペスのグランドスラムで勝負あり。

やっぱり、ランナーを貯めると何が起こるか分かりません。

あとは、丸がホームラン25本で岡本と大山と1本差まで迫ってきたので、ホームラン王も混戦模様で楽しいです。

阪急塚口駅南に徒歩5分ほどのビルで開業中の税理士です。

既婚で、3歳の男の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
サービスメニュー

毎週土曜日開催 freeeで確定申告オンラインセミナーについては、こちら

個人事業主のための税務調査サービスはこちら

単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
法人設立サポート(オンライン)こちら
税務顧問はこちら

※受付開始 累計26人合格の大学院入試コンサルサービスはこちら

23名の方を税法大学院合格に導いたコンサルツールを販売中です。


コメダ珈琲1杯分のお値段で大学院入学を後押しする7つのツールをGETして頂けます。

 

 

☆研究計画書作成には必須☆
☆税法の基本書としておすすめ☆