この空き物件は会計事務所向き?実際の物件で税理士が解説してみた

本題

空き物件

独立すると事務所選びというのが1つの仕事になります。

私も今の事務所に落ち着く前は物件の内覧にハマっていた時期がありました。

ただ、間取りが狭かったり、駐車場が周りになかったり、周辺環境が良くなかったりといった理由でココという事務所を見つけるのに苦労しました。

そんな経験もあって、空きテナントがあるとついつい気になってしまいます。

今回のテナントは、自転車の通勤途中にあった不動産屋がなくなって空き家になっていました。

空き物件の詳細

阪急塚口から徒歩8〜9分ほど。

平家の1軒屋で面積はパッと見たところ40平米から50平米ぐらい。

駐車場はないけど、前のスペースに車が停車できるぐらいのスペースあり。

電車の高架のある場所で、一方通行の細い道に面しているため、土地勘がないお客さんは車では最初探しにくい場所にあるものの、大通りからは視認性は期待できる角地の場所。

以前入っていた不動産屋さんも5年以上営業されていたので、お店がすぐ潰れる場所とは言えない。

会計事務所としてありかなしか

ネックな点

会計事務所としては、大きさとしては1人ないしは2人従業員を雇ってする分にはありな店舗だと言えます。

駐車場はないものの、前に停めて貰えるため、クライアントに来社して貰いやすいと言えます。

ただ、平家の1軒屋というのが私としてはネックです。

というのも、飛び込みで来る方への対応を考えるとそのためのスタッフを抱える必要があります。

これが、梅田などの人が多い場所であればスタッフを置いても良いぐらい集客効果が期待できますが、細い道に面した地元の人しか通らない場所であるため、来客用のスタッフを置くのは費用対効果が悪いと言えます。

駅からの距離

あと、駅からの距離も微妙っちゃ微妙です。

近いとも遠いとも言えませんので、駅近のアドバンテージがありません。

駅近のアドバンテージは、単純に集客効果があったり、コインパーキングがあったり、商業施設があるので立ち寄りやすかったりというものがあります。

駅から徒歩5分以内の場所でないと駅近とも言えません。

もっとこうだったら良かった

この物件は、地元では視認性の期待できる路面店なので、家賃は安くはないと思います。

会計事務所の事務所としてであれば、今はネットで探す時代でもあるので、もっと分かりにくい場所で家賃が安い方が向いていると思います。

駅から徒歩8分、住宅街で視認性なし、駐車場1台ありの方が会計事務所には向いていると言えるでしょう。

この物件で向いている業態でいうと、美容院か診療所あたりになるのかなと思います。

まとめ

今回の物件は、駅から徒歩8、9分の場所にある元々不動産屋さんが入っていた平家の1軒屋になります。

会計事務所として考えた場合、角地で視認性が高いことは、ネットの普及からさほど重要ではないと考えています。

こちらの物件ですが、飲食をやるには狭いですし、美容院など利用できる業種は限定されそうな物件だと思います。

本ブログ記事の無断転載はおやめください

 

息子&娘(6歳9ヶ月&2歳9ヶ月)の成長日記

朝ですが、娘が好みの服しか着なくなりました。

バナナの服が良いと言って、着てくれません。

なので、上は下着で登園しました。

到着すると、園においている服でお気に入りのがあったのか、何もなかったようにその服を着てことなきを得ました。

シェアしてね!

みつばち会計事務所のサービスメニュー

税務調査対応(個人事業限定)はこちら

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

すぽっと相談(オンライン)こちら

みつばち会計事務所の税務顧問

みつばち会計事務所の税務顧問サービスでは、弊社の顧問弁護士(弁護士法人みらい総合法律事務所)に対して文章による法律相談を無料で行なっていただくことが可能です。

税理士の顧問サービスをご検討の方はこちらよりご連絡ください。