小児科は混むので内科受診も、幼児の受け入れには消極的

本題

お子様がいるご家庭の方はお分かりかと思いますが、小児科って本当に混みます。

これってやはり、小児科の絶対数が少ないのが原因のように思います。

研修医が、専門科の選択で小児科は最も人気がないという話が昔聞いたような気がします。

話の元は、ブラックジャックによろしくだったような気もします。

お医者さんが、小児科を避ける分からなくはないですけどね。

子供は予測不能なところがありますし、小児用の薬を準備しないといけないなど面倒な点もあります。

では、子供はみんな小児科に行かないといけないのかというとそんなこともありません。

流行り病のインフルエンザなどは内科の病気になります。

私がよく利用させていただいている近場の内科の病院は、最近できた病院で建物も綺麗で、先生もサバサバしていて感じが良いです。

自分に何かあるたびに利用させていただいています。

最近、息子がほぼインフルだろうという症状が出ました。

私も今年は、インフルBになり、インフルAにもなったので症状を見れば、なんとなく分かります。

で、ここで普通であれば小児科に連れて行くと思うのですが、インフルの検査って、鼻に検査棒を突っ込んで、インフルなら薬が出て家で療養するというパターンなので、患者側からするとわざわざ小児科に行くのもなんだかなという感じなのです。

そこで、その行きつけの内科に電話してみました。

受付:すると、6歳児ということ、かかりつけの小児科はないのかと言われました。

私:私がこんな感じなので、ありませんと回答して、少しお待ちくださいと保留。

受付:鼻の中に綿棒を入れて痛いですが大丈夫ですか。

私:どこでも一緒の検査だと思うので、大丈夫だと思います。

受付:少々お待ちくださいと保留。

受付:子供用の薬の準備がないのですが大丈夫ですか。

私:処方箋を貰えば薬局に行きます。

こんなラリーをして、ようやくお越しくださいという流れになりました。

病院の都合もあるのでしょうが、一般の内科というのは、幼児を受け入れにやらく消極的です。

6歳を内科に連れていったらだめなんですかね。

そこらへんの病院の仕組みはよく分かりませんが、快適にすいている内科で受診させて貰うことができました。

息子も病院に来たら、外行きの感じを出して大人しくするので、迷惑にはならなかったと思います。

ある程度大きくなったら、子供でも内科でいいと思うのですが、どうなんでしょうね。

最近は、インフルエンザとコロナが保育園、小学校で流行っていて保護者は大変ですね。

 

息子&娘(6歳5ヶ月&2歳5ヶ月)の成長日記

本文に記載したので割愛します。

シェアしてね!

みつばち会計事務所のサービスメニュー

令和5年度 確定申告のご依頼はこちら

税務調査対応(個人事業限定)はこちら

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

すぽっと相談(オンライン)こちら

みつばち会計事務所の税務顧問

みつばち会計事務所の税務顧問サービスでは、弊社の顧問弁護士(弁護士法人みらい総合法律事務所)に対して文章による法律相談を無料で行なっていただくことが可能です。

税理士の顧問サービスをご検討の方はこちらよりご連絡ください。