ミニマム法人の設立から税理士顧問まで万全のサポート体制!

ホンダフリードにナビ、リアモニター、ドラレコ取り付け完了

本題

ホンダのフリードを購入して、ナビ、リアモニター、ドラレコの取り付けをしました。

しましたといっても、ミツモアで取り付け専門の方に取り付けて貰いました。

中古車を購入したので、購入時はこんな状態でした。

コードがウニウニと出ています。

業者の方が、取り付けのため外枠などを外した時点の状態です。

素人にはここまでして取り付けるのは至難の技と言えます。

ちなみに今回の装備品は全てアマゾンで調達しました。

ナビ

ナビは、パイオニア楽ナビAVIC-RL712というものを取り付けました。

こちらは、8型になります。

完全に埋め込むには、8型が最大サイズになります。

10型などのもっと大きいサイズの場合は、前にせりだす形になるそうです。

また、この後のリアモニターに映像出力するためにパイオニアの楽ナビの機種を選択しました。

ホンダのフリードのナビ取り付けに必要な部品

リアモニター

こちらが、リアモニターの取り付け後になります。

取り付けたのは、アルパイン(ルームライト付き)RSH10XS-R-Bです。

フリードでは、ライトの場所をそのまま使用するため、このように取り外すことに

追加で、取り付けキットKTX-H1003Kを購入する必要があります。

リアモニターで最も評判の良いアルパイン。

高いだけあって、違和感が全くない仕上がりになっています。

これには、3列目がベストポジションになっている息子も大満足でした。

ドラレコ

ドラレコには、ヒガシという日本メーカーが作っているHm-061Lを購入しました。

後ろに、バックカメラがつけてこの映像を送るミラー型のドライブレコーダーです。

実は、ドライブレコーダーはありとあらゆるメーカーから発売されています。

中国製も非常に多いです。

もし、不良品だった場合に対応して貰える可能性が高い日本のメーカーのものを選びました。

夜の走行もしましたが、しっかりと後続車を視認できたので、品質には問題がないと思います。

さすがの仕上がり

やはりプロにお願いするとさすがの仕上がりです。

コード類は目立たないように最小限の範囲だけ出ています。

下も上もしっかりとコードが隠れて、仕上がりには非常に満足しました。

まとめ

これで、とても快適なドライブができると思います。

車周りのアクセサリーは色々な種類が販売されていて、素人は選ぶだけで時間が掛かってしまいます。

今は便利な時代で、自宅にいながら、Amazonで部品を調達して、家の近くのガレージをアキッパで予約して、そこにプロをミツモアで呼んで作業をして貰うことが出来ます。

 

息子&娘(4歳10ヶ月&0歳10ヶ月)の成長日記

息子が、新しい車が好きすぎて、毎日保育園から帰ってきたら、車を見に駐車場にいくそうです。

阪急塚口駅南に徒歩5分、阪神高速・尼崎インター下車北へ車で5分のところで開業中の税理士です。

既婚で、4歳の男の子と0歳の女の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
みつばち会計事務所のサービスメニュー

インボイスの申請代行(個人事業者限定)はこちら

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

税務調査対応(個人事業限定)はこちら

確定申告などの単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
税務顧問はこちら