ミニマム法人の設立から税理士顧問まで万全のサポート体制!

闇金ウシジマくんの作者の続編、九条の大罪は弁護士が活躍

弁護士と私

弁護士というのは、一般的に馴染みが薄い存在ではないでしょうか。

弁護士という職業は知っていても、弁護士にお願いした経験がある人は少ないと思います。

私は、仕事柄、弁護士とお話する機械がありますが、ただ頻繁ではありません。

税理士を守る会という弁護士の方が運営しているサービスを利用しています。

そのサービス内で、クライアント間の契約やクライアントが事業を行う際に、法律問題が発生した時、メールで質問し、メールで回答を貰うというやりとりを行っています。

本作の紹介

九条の大罪は、そんな弁護士をテーマにした漫画になります。

作者は、闇金ウシジマくんを手がけた真鍋昌平先生です。

漫画「闇金ウシジマくん」全巻読破して

漫画ウシジマくん、全巻読んで一番お勧めのストーリー

なかなか、エグいシーンも多く闇金というとてもハードな職業をテーマにした漫画で、読んでいてどんどん引き込まれるストーリーでした。

現在、めちゃコミでは、39話まで配信されています。

さすが、ウシジマくんの作者ということもあって、社会の闇の側面を中心にアウトローな登場人物がたくさん登場します。

片足の値段

飲酒運転で、ひき逃げをした不良の青年を主人公の九条が弁護をするストーリーから始まります。

ひき逃げされた被害者は、父親が死亡、子供で片足を切断する大怪我を負います。

しかし、当の不良の青年の罪は、執行猶予付きの禁固刑で、刑務所に入ることになりませんでした。

保険の請求の方では、子供の母親は弁護士を付けませんでした。

弁護士を付けていれば、7,000万円ほど保険金を受け取れるはずが、1,000万円ほどで終わってしまいまったと描かれています。

無知は罪ですと本作では語られていました。

かたや、九条が弁護した不良の青年は、飲酒運転にも問われず、執行猶予付きなので、布団ですやすや寝ているところが描写されています。

これが、弁護士の理不尽な強大な力というのを見せつけられる内容になっています。

かといって、主人公の九条弁護士が悪人かというとそうではありません。

主人公は善か悪か

善か悪かのどちらなのかは、現在の配信分39話を読んでも、まだはっきりとはしません。

主人公の中で、揺れ動いているようにも思いますし、作者の中には確固たるキャラ付けがあるのか、まだ測りかねるところです。

この片足の値段という全3話のストーリーを皮切りに、アウトローな弁護士という異色のストーリーが展開されていきます。

めちゃコミでは、7話まで無料なので、この片足の値段は無料で読み切ることが可能です。

阪急塚口駅南に徒歩5分、阪神高速・尼崎インター下車北へ車で5分のところで開業中の税理士です。

既婚で、4歳の男の子と0歳の女の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
みつばち会計事務所のサービスメニュー

インボイスの申請代行(個人事業者限定)はこちら

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

株式会社の定款認証代行はこちら

税務調査対応(個人事業限定)はこちら

確定申告などの単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
税務顧問はこちら