スキーの1級ライセンスを兵庫県と滋賀県のスキー場で目指す2023

本題

スキーのライセンスに今年は挑戦します。

大学時代スキー部だったのですが、お金がなくノーライセンスです。

不惑の40歳を目前にして、忘れ物を取りに行きたいと思います。

スキーのライセンスですが、簿記のように受験申し込みがあって、応募して受験票が届いてという流れではありません。

どのスキー場も、朝の9時にスキー学校の事務所のようなところに集合して、受験の受付をして、午後から実技試験を受ける流れになります。

氷ノ山スキースクールHPより

で、全国どこで受けても良いので、例えば、兵庫県で2級を受験して、滋賀県で1級を受験するような流れでも良いです。

スキーバッジテストにおいて注意しないといけないのが、1級を受験するためには2級の合格証が必要だということです。

どんなにスキーの腕前があっても、飛び級で1級を受けることはできません。

必ず2級から受ける必要があります。

そして、バッジテストのスケジュールですが、これも、スキー場によってバラバラです。

例えば、私のホームグラウンドであるびわ湖バレイでは、毎週バッジテストをやっているわけではなく、近くの函館山スキー場・奥伊吹と場所を変えながら行われます。

滋賀県スキー連盟HPより引用

毎週、スキーに行くわけではないですし、土日のどちらかにスキー場に行けば受けれるわけではないので、注意が必要です。

兵庫県は、ハチ北スキー場が有名で、巨大なスキー場ですが、そこのスクールでも毎週開催しているわけではありません。

なので、宿などを取る前は、スケジュールの確認が重要です。

ハチ北スキー場の近くにある氷ノ山国際スキー場は、老舗のスキー場で、規模はハチ北スキー場には及ばないまでも、バッチテストは比較的多く開催されています。

氷ノ山スキースクールHPより

2月のスキーシーズンのピークにこれだけ開催されるのは、すごいことです。

スキー場によっては、シーズンのうちに1度しか行わないところもありますので。

ハチ北周辺は、雄大な山が広がっていて、スキー場がたくさんあります。

兵庫県のスキーの聖地です。

ただ、遠いのが難点です。

 

息子&娘(5歳5ヶ月&1歳5ヶ月)の成長日記

先日、お母さんの入っている老人ホームへ、娘を連れて行きました。

ちょうど、夕飯の時間で、娘にはプリンを買ってあげていたので、たくさんのおばあちゃんに囲まれてプリンをむしゃむしゃ食べていました。

可愛い赤ちゃんの登場に、ちょっとしたレクリエーションみたいになっていました。

シェアしてね!

みつばち会計事務所のサービスメニュー

令和5年度 確定申告のご依頼はこちら

税務調査対応(個人事業限定)はこちら

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

すぽっと相談(オンライン)こちら

みつばち会計事務所の税務顧問

みつばち会計事務所の税務顧問サービスでは、弊社の顧問弁護士(弁護士法人みらい総合法律事務所)に対して文章による法律相談を無料で行なっていただくことが可能です。

税理士の顧問サービスをご検討の方はこちらよりご連絡ください。