ミニマム法人の設立から税理士顧問まで万全のサポート体制!

M1チップ搭載の話題のmacの購入について二の足を踏む理由

本題

Windowsが使えるか微妙

M1チップ搭載のmacが令和2年の11月に発売されました。

M1チップとは、パソコンの頭脳であるCPUで、Appleが自社開発したものになります。

今までは、世界シェアNo1のインテル製のものが搭載されていましたが、M1チップにすることで、高性能なものが低価格で販売することが可能になったため、M1チップ搭載のmacは機能の割には低価格ということで、各分野で話題となっています。

じゃあ、なぜ、今までM1チップがなかったのか。

それは諸説あると思いますが、色々な専門記事を読むと、互換性の問題があげられます。

現在、macで使えるソフトが様々な会社から提供されていますが、それは、インテルのCPUに対応するように作られています。

税理士がmacだけで作業するには、Windowsをmac上で使えるソフトが必要です。

私もパラレルスデスクトップというものを使用しています。

そのパラレルスデスクトップがM1チップ搭載のmacにまだ正式に対応していません。

そのため、M1チップ搭載のmacがいかに性能が良いといっても本業に支障が出るため、軽率な判断はできないのです。

 

mac使い税理士の苦悩

私は、macだけを使って税務申告書などを作っています。

その理由としては、macの操作性が好きなことと、2台のパソコン管理の煩雑さが嫌いだからです。

以前は、Windowsのパソコンを別で使って申告に使っていましたが、パソコン自体もどんどん古くなっていきますし、バッテリー持ちも悪くなります。

かといって、申告作業だけのために、Windowsのパソコンを買い換えるのも非常にコスパが悪いです。

そこで、macを使用しているわけですが、そんな私にも、今回のようにmacだけに依存することには苦悩があります。

Macに依存するということは、Apple信者になるということです。

なので、Appleの意向に沿わないことで業務上不都合が起きることは覚悟しないといけません。

今回のM1チップの搭載というのは、まさにAppleの意向になります。

ただ、今までずっとインテルのCPUだったものが、Apple独自のM1チップになって、不都合が起きないわけがありません。

パラレルスデスクトップでマイクロソフト製のWindowsを動かすには、マイクロソフトが正式に認めてくれる必要があります。

そこが、まだはっきりとしていません。

 

それでもmacを利用する理由

macの製品は5、6年と使用することができます。

その理由は、動作性能などが元々高く、動画編集などのCPU性能をそこまで要求されない作業であれば、古いmacでも十分操作が可能です。

ただし、電池は内蔵型で基本サポートセンターで交換する必要があり、そこそこ価格が高いのが現状になります。

Windowsのパソコンは外付けのバッテリーが多いですね。

それに、今使っているiPhoneとの連携機能であるAirdropも非常に気に入っています。

また、中古市場でも高値で取引されるので、買い替える際のコスパも良いです。

こうしたmacの製品の持つ付加価値の高さから、それでもmacを使い続けます。

 

まとめ

mac一台で税理士業務を行うには、仮想のWindows環境が必須になります。

ただ、そのためには専用のソフトが必要で、新作のmacで採用されているM1チップへの対応は正式にはされていないのが現状になります。

 

参考記事

M1 Mac向けにArm版Windows提供? MSとParallelsが正式に協力か

Apple M1 チップを搭載した Mac への Parallels Desktop 対応状況について

AppleのM1 Macに対応するParallelsのプレビュー版が利用可能に

 

編集後記

今日は、オフになります。

 

息子(3歳5ヶ月)の成長日記

昨日は、奥さんがスーパーの年に一度のフェアで買ってきてくれたステーキを美味しそうに食べていました。

結構、好き嫌いをしますが、お肉は大好きです。

 

ヨガ日記

今日はお休み。

阪急塚口駅南に徒歩5分、阪神高速・尼崎インター下車北へ車で5分のところで開業中の税理士です。

既婚で、3歳の男の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
サービスメニュー

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

確定申告などの単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
税務顧問はこちら

※受付開始 累計30人合格の大学院入試コンサルサービスはこちら

23名の方を税法大学院合格に導いたコンサルツールを販売中です。


コメダ珈琲1杯分のお値段で大学院入学を後押しする7つのツールをGETして頂けます。

 

 

☆研究計画書作成には必須☆
☆税法の基本書としておすすめ☆