ミニマム法人の設立から税理士顧問まで万全のサポート体制!

iPad miniを使い出したら、iPad Pro12.9インチを使わなくなっていた

本題

オンライン打ち合わせ用で購入

iPad Pro12.9インチを購入したのは、オンラインの打ち合わせ用としてというのが大きかったです。

決算の報告をオンラインで行う際に、iPadの画面を共有しながら、時には書き込んだりして説明をしていました。

また、mac bookと違い、人差し指と親指で拡大、縮小が簡単にできる点もiPadを使って説明を行うメリットになります。

しかし、iPad Pro12.9インチは世代ごとに多少の違いがあるものの700gに迫る重さがあります。

mac bookは1.2㌔ほどあるため、リュックにmacとiPad Pro12.9インチを入れると、それだけで2㌔です。

これはなかなかの重量になります。

Pro Maxと変わらない重さ

iPad miniを購入したのは、そんな重さについて持ち運びを考えてのことでした。

iPad miniの重さは300gほど。

実に半分以下の重さになります。

そのため、Mac bookと一緒に入れても、体感としてはそこまで重さを感じません。

iPhonePro Maxが240gであることを考えると、iPad miniがいかにコンパクトなサイズであるかがわかります。

ペン先を変えたことも大きい

ただ、コンパクトなサイズの分、画面のサイズはiPad Pro12.9インチの半分のサイズになります。

そのため、字を書いたりする分には、窮屈さは感じます。

Apple Pencilのペン先は、丸くなっていて、これを使うには大きな画面サイズが欲しくなります。

なので、私はペン先細いものに変えています。

ペン先を変えることで、心理的にも小さい画面でも気にならずに文字を書くことができるようになりました。

細いペン先を使うので、画面フィルムも欠かせません。

また、MOFTのiPad mini専用のマグネット式の角度調整のガジェットは使いやすいです。

一番は、持ちやすさ

iPad miniの一番の特徴は片手で持てる持ちやすさです。

これによって、メモ帳のように使うことができます。

小ささについては、ペン先と画面の拡大と縮小で対応します。

取り回しについてもしやすいので、iPad Pro12.9インチをほとんど使わなくなってしまいました。

なので、メルカリで売ろうと思います。

まとめ

まさか、iPad miniをここまで使うとは思っていませんでした。

サイズが小さいことで、全くの別の機械のように感じます。

 

息子&娘(5歳1ヶ月&1歳1ヶ月)の成長日記

娘ですが、立って歩くのがとても上手になって安定感が出てきました。

器用に椅子の端に登って、押し入れの上にあるオムツを引き出していました。

阪急塚口駅南に徒歩5分、阪神高速・尼崎インター下車北へ車で5分のところで開業中の税理士です。

既婚で、5歳の男の子と1歳の女の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

行政書士メニュー

みつばち行政書士事務所では、軽貨物の許認可を取り扱っています。軽貨物の許認可のご相談はこちらまでご連絡ください。

みつばち会計事務所のサービスメニュー

確定申告などの単発決算(受付12/15まで)こちら

税務調査対応(個人事業限定)はこちら

インボイスの申請代行(個人事業者限定)はこちら

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

すぽっと相談(オンライン)こちら

みつばち会計事務所の税務顧問

みつばち会計事務所の税務顧問サービスでは、弊社の顧問弁護士(弁護士法人みらい総合法律事務所)に文章による法律相談を無料で行なっていただくことが可能です。

税理士の顧問サービスをご検討の方はこちらよりご連絡ください。