ミニマム法人の設立から税理士顧問まで万全のサポート体制!

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密を息子と観に行った

久しぶりに映画を観に行きました。

騒いでも大丈夫な子供と行ける映画館もあるようですが、今回は普通の映画館に行ってきました。

息子も、もうすぐ5歳で、本人も年中さんの自覚が出てきているようで、だいぶ落ち着いてきました。

さて、ハリーポッターシリーズの最新作が出たとのことで、タイトルの映画を観に行きました。

息子は初めての映画館ということで、どこに連れてこられたか、よく分かってない様子でしたが、とりあえず、席に着席させ、私はポップコーンとジュースを買いに行きました。

多分、このポップコーンがなければ、2時間も持たないと思っていたので、この選択は大正解でした。

さて、肝心の映画の内容ですが、今回は、ダンブルドアの秘密ということで、序盤、このダンディーな役者は誰だと思った人がダンブルドアでした。

ヒゲモジャのおじいちゃんで大魔道士のイメージしかないダンブルドアですが、そのダンブルドアが推定年齢50歳ほどの時代背景になります。

そして、主人公で魔法動物学者であるニュートが前作に続き活躍します。

この俳優さんの、屈託のない笑顔は抜群に印象が良いですね。

序盤、魔法動物であるキリンを、ダンブルドアのかつての相棒で敵役の仲間が略奪し、さらに殺し、魔法で意のままに操るというシーンは、少しセンシティブでした。

それ以外でも、ハリーポーターの映画では迫力のある魔法の戦闘シーンが描かれることが多いですが、本作も主人公グループと敵役グループの戦闘や、魔物との戦いがあり、息子は最終的に怖かったとそうです。

幼稚園児には、少し早かったかなという内容でした。

それでも、途中、主人公の面白いポーズに対して、怖い魔物がそのポーズを真似して危機を乗り越えるところなど、面白いところもあります。

ストーリーの難しさ:アクション:コメディー=4:4:2

ぐらいの感覚だったので、息子と一緒に行くのであれば、コメディーが感覚として4以上あるような映画が適しているのではないかと思います。

それでも、ポップコーン効果で、途中、トイレに行きましたが、2時間集中して映画を観れたのは成長ではないかと思います。

ただ、最後の残り10分は我慢ができず、帰りたいと行って、もしかすると、最後どんでん返しがあったのではと、私的には少し心残りでした。

それでも、息子と一緒に映画を観れたのは、単純に楽しい時間でした。

息子はトミカが好きなので、今度は車のアニメでも一緒に観に行きたいなと思います。

阪急塚口駅南に徒歩5分、阪神高速・尼崎インター下車北へ車で5分のところで開業中の税理士です。

既婚で、4歳の男の子と0歳の女の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
みつばち会計事務所のサービスメニュー

インボイスの申請代行(個人事業者限定)はこちら

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

株式会社の定款認証代行はこちら

税務調査対応(個人事業限定)はこちら

確定申告などの単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
税務顧問はこちら