ミニマム法人の設立から税理士顧問まで万全のサポート体制!

妻子持ち40歳自営業者は、ミニマム法人設立で実際いくらお得になるのか

本題

前提条件:売上1,000万合計所得500万で比較※奥さんはパートで100万以下の収入

※以下、全て年間の負担金額で計算。

社会保険

設立前

国民健康保険(大阪市) 75万円

国民年金        40万円

合計          115万円

設立後(役員報酬5万円で設定)

社会保険(大阪市)   28万円

合計          28万円

差額

▲87万円

税金(社会保険のみ加入)

※JDL申告ソフトで計算

設立前

所得税(個人) 22万円

住民税(個人) 35万円

合計      57万円

※事業税は、掛からない業種もあるので、ここでは考慮せず。

設立後(役員報酬5万円で設定)

所得税(個人) 31万円

住民税(個人) 38万円

均等割(法人) 8万円

合計      77万円

差額

+20万円

※国保及び、年金は税金の計算上、控除することができます。その金額が90万円近く下がったため、逆に税金の金額は上がります。

税理士報酬

設立前

15万円(個人)

合計15万円

設立後(役員報酬5万円で設定)

15万円(個人)

19万円(法人)※弊会計事務所の例、最近ミニマム法人を設立された自営業の方の年間の税込報酬になります。

合計34万円

差額

+19万円

まとめ

設立前

115万円(国保+年金)+57万円(税金)+15万円(税理士報酬)=187万円

設立後

28万円(社会保険)+77万円(税金)+34万円(税理士報酬)=139万円

差額

▲48万円

※毎年500万円ほどの利益が残る自営業者であれば、毎年キャッシュが節約できる上に、夫婦ともに国保より保障の手厚い社会保険に加入できる。

基本的には、社会保険の差額による節約スキームになる。

節約の効果を最大化するためには、法人のランニングコストの1つである税理士報酬をいかに下げれるかがポイント。

 

編集後記

今日も、確定申告進めて行きます。

 

息子(3歳6ヶ月)の成長日記

昨日は、家族3人で河川敷で遊んでいました。

土手を何回も上がったり下がったりして、とても楽しそうにしていました。

 

ヨガ日記

今日は、スポーツストレッチを受講しました。

気持ち良い週明けの時間になりました。

 

阪急塚口駅南に徒歩5分、阪神高速・尼崎インター下車北へ車で5分のところで開業中の税理士です。

既婚で、3歳の男の子の父親です。

よろしくお願いします。

シェアしてね!

MENU
サービスメニュー

ミニマム法人の設立、税務顧問はこちら

確定申告などの単発決算こちら
すぽっと相談(オンライン)こちら
税務顧問はこちら

※受付開始 累計30人合格の大学院入試コンサルサービスはこちら

23名の方を税法大学院合格に導いたコンサルツールを販売中です。


コメダ珈琲1杯分のお値段で大学院入学を後押しする7つのツールをGETして頂けます。

 

 

☆研究計画書作成には必須☆
☆税法の基本書としておすすめ☆